2014年09月18日

予想外。

1205 (34)建築予算に余裕がないので、照明器具を何灯かプレゼントしました。
もう少し喜んでもらえるかと思いましたが、気持ちが届かないこともあるよねぇ・・・残念。  
Posted by kakehi_k at 00:49Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月28日

引手の高さ

1205 (26)友人知人を多くお招きするような家ということで、多くの人にとって使いやすいと言われる引き戸の引手の高さを95センチに設定しました。
最大公約数的に95センチとしましたが、建具を使ってみてお施主さんからは大目玉。「位置が高すぎる!」とのこと。

よくよく考えてみると、今まで暮らしてきた家が床座で生活するように作られた建物の場合、座って引き戸を開けるよう80センチくらいの高さに引手が取り付けられています。
それこそが当然と思っているお施主さんに、椅子座の場合の引き手の高さについて説明してもわかってもらえるはずもありません。

お施主さんから「一般的な高に付けてもらえばいいですよ」という返事をもらった時に、『床座』なのか『椅子座』なのか今後はきちんと確認しないといけないなぁと、お施主さんの返事をかぎ分ける嗅覚がまだまだだったと反省ばかりの年末です。
  
Posted by kakehi_k at 12:37Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月26日

夢のキッチン

121126 (11)普段から仲の良い友人たちとお料理教室や、将来はお子さんとみんなで使える。そんなキッチンにしたいというリクエストだったので、今時の最大公約数的高さで85センチが良いだろうと「皆が使いやすい高さなら、私が少し我慢すればいいことだから・・・」と、おもてなし仕様で計画が進んだのですが・・・・高すぎて使えない!と、ひどく怒られました。

キッチンの高さを決めるには一般的に (身長÷2)+5センチ という計算式を使います。

プロに高さの助言を求めた場合、その人のために特化したキッチンなら上記の計算式を、複数の人で使うことを想定したら最大公約数の85センチを奨めるでしょう。
少しぐらい高くても私一人が我慢すればいいから・・・と、仰っていたお施主さんですが、いざキッチンの前に立ってみてどうしてこの高さを皆が進めたのか訳が分からない!とのコメント。

お客さんの夢をかなえることが全てじゃないんだなぁ・・・と今回は反省することがばかりです。  
Posted by kakehi_k at 01:40Comments(0)TrackBack(0)

2013年12月08日

引っ越し。。。

1205 (25)完了検査での是正事項の工事が完了次第、写真のデータをメールで送るように工務店に頼んであったのですが・・・一向に届かない。
結局自分で撮影して、書類をまとめて提出です。

写真を撮っていると「写真なら撮ってありますよ。」とのこと。
送ってくれないと意味がないのですが、指示したことが出来てこないので二度手間、三度手間・・・

そして、気が付くと引っ越し?
お施主さんの要望で荷物を運び入れるために引き渡しをしたそうな・・・設計者検査をすっぽかされました。

荷物が運び込まれるまでいろいろ見れないし、荷物が運び込まれちゃっても見れないし・・・お施主さんの都合もあるので、困ったなぁ。  
Posted by kakehi_k at 00:55Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月26日

完了検査!

121126 (22)いよいよ完了検査です。

お施主さんも、いろいろ忙しい時期と重なりやや不完全燃焼の感ありでしょうか・・・
僕も銀行融資の都合で強行して図面を画いたので、後から想定外の問題に苦しめられました。

なので、こうして形が出来上がってようやく安心できました。

後は要求のあった資料提出をすれば検査済み証が発行される予定。
もう一頑張りです。  
Posted by kakehi_k at 16:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月19日

クリーニング

IMG_7115完成間近!いよいよクリーニングです。
銀行の融資の都合で大急ぎで図面を仕上げることになったので、不安なスタートでしたがどうにか形になりました。
あと一息で完成です!  
Posted by kakehi_k at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年11月15日

和気あいあい と 家族の気配

131114 (9)常に家族の様子が見えるような家・・・という考えもありますがそれでは堅苦しいので、家族の気配が感じられるような家を目指しています。

・・・というのは建て前で、子供のころ一人で留守番すると凄く心細かった経験からだと思うのですが、家の中の気配が感じられることはとても大切なことだと思います。
一人はさみしいですものね。

以前、図面の手伝いをした二世帯住宅で、設計者が親世帯と子世帯の間に鍵付きの扉を設置することにしたのですが、そんな家の図面を手伝うのがすごーく嫌でした。

それで、僕の事務所に来る家族はみんな和気あいあいなのかも知れません。
・・・今後もこの方針で行きますので、仲の悪いご家族はご遠慮ください。笑
  
Posted by kakehi_k at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月31日

自己採点

IMG_6884そろそろ現場が電車の車窓から見え・・・なんだこの青っぽい色!!

外壁の色選びをミスったか!!・・・と、駅から折り畳み自転車で疾走・・・
ブルーシートの色が映り込んで青く見えただけでした。一安心。

こうして、建物の姿が見えてくると・・・最初からそこにある一部2階建て物のように見えます。
今回のテーマの一つ、周辺との調和は、合格点だな。。。。と自己採点。  
Posted by kakehi_k at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月25日

頑張れ制震テープ!

131024 (14)今回の計画で採用した制震テープ。
効き目に期待していますが、心配事が一つ。

既存の庫裏の隣に建てたので、大地震の時に既存の庫裏が倒れてきたら・・・・果たして、新庫裏は生き残ることが出来るか!笑

これは地震が来ないとわからないことですが、仏のご加護がありますように。  
Posted by kakehi_k at 10:46Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月22日

心配の伝達ミス

131019 (4)定例打ち合わせがしたいという工務店の希望で、お施主さんの都合を踏まえ火曜か木曜なら都合が良いとの返事だったので、父の四十九日の法要までは木曜の外出が難しく火曜にしてきました。
四十九日の法要も無事に済んだので、定例打ち合わせの日程を木曜に変更してもらったところ、工務店からはころころ曜日を変えられちゃ困ると抗議の電話・・・・こっちにも都合があるのですが。。。

いつでも電話にでられるわけではないし、電話で伝えても聞いてないことにされてしまうので、忘れっぽい現場監督であるほど記録の残るメールで連絡して欲しいなぁ・・・

現場監督が何度も変わっているので、この調子では現場への伝達ミスがいっぱい発生しそうでとても怖い。  
Posted by kakehi_k at 02:24Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月10日

廊下が狭い!

IMG_6378「ところで廊下はこんなに狭いんですか?」とお施主さん。

廊下を削って収納を作りたいという希望や、家族しか使わない場所だからそれでいいです・・・という約束で進んできたのでもはやどうにも出来なくて返事に困りました。

家づくりは自分たちの実現したい希望のボールを箱の中に入れていくイメージだと思います。
予算や大きさに限界がありますから、大切なものから入れていけばすべてのボールが入らないこともあります。

こちらを優先します。と言われたことが、本当はそうでなかった・・・心の内が読めてなかったなぁと反省中です。  
Posted by kakehi_k at 14:40Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月09日

スリット照明。

131008 (8)家づくりで意外に見落としがちなのは照明器具のコストなのですが・・・案外高い。
・・・ので、なるべくお値打ちな器具を上手く使うように考えることも大切です。

ここでは、天井に作ったスリット(箱)に蛍光灯を仕込みます。

大工さん頑張ってくれて有難う!  
Posted by kakehi_k at 11:50Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月08日

制震テープ!

131008 (7)今回の計画で、今までと一番違う点・・・というか、初めて採用したのがこの制震テープです。
普通は構造体であるボードを釘止めするので、ボードを釘という点で止めているため、強度は釘の強さによります。
大地震の場合は何度も揺り返しがあるので、釘はそれほど長持ちしません。

そこでこのテープを使うことで、釘とその周りのボードが面で強度を発揮するので、耐震性能が向上します。

お寺の庫裏ということで大地震があった時、避難施設としてのお勤めできることを祈ります。
(でも、本当は地震が来ないことを祈ってます。)  
Posted by kakehi_k at 11:45Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月24日

是正事項

IMG_6242今朝は中間検査の是正事項などの相談に県尾張事務所へ!

法律の改正で義務ではない事柄ではあるのですが、書類が残るものだけに筋が通らない部分が発生すると、どこかを取り繕ったりすることになるので・・・かえって面倒なことになります。
ドキドキしながらも、正面突破のため事前相談に押しかけ・・・一件落着しました。

どんな時も問題を解決するには真摯な態度と誠意の心だと、改めて思いました。  
Posted by kakehi_k at 11:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月18日

二重土台・・・

IMG_6008工務店のプレカット図が届いて「二重土台の実績があるのでこれで行こうと思います。」とのことだったのですが、下段に筋交いが全くない。
それはおかしいと思い、根拠の資料を提出するように工務店に指示しましたが、このような場合の補強の仕方の規定がないから筋交いは無くても問題ないとの回答がありました。

それはあり得ないので自分で調べてみると、既定の型にはまらない場合は計算で安全を確認する必要だったので、名古屋大学の構造実験の試料を調べたり、構造事務所と相談して最終的に下段に上段と同じ筋違を入れることで解決しました。

図面の意図を全く読み取ってくれていないので正直驚きました。
以前仕事を頼んだことのある工務店ですが、現場監督が違うとこれほどスキルが違うんだなぁと、痛感した出来事です。

ちなみに、過去の実績という建物は大丈夫なのかしら・・・心配です。
  
Posted by kakehi_k at 14:26Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月10日

グラスウール!

IMG_6112只今、屋根の断熱材設置中。厚さ200ミリのグラスウールです。

断熱材をいろいろ比較してみると各メーカーがグラスウールの何倍の性能!という謳い文句の断熱材を作っていますが、各メーカー独自の資料なので実際に比較してみると、今はグラスウールの性能も随分上がっていて、グラスウールを使っても大差がないことがわかります。(何より安いし。)

断熱材の設置が完了すると気密フィルムを張り込みますが、本当は屋根は先に気密フィルムを貼って垂木を掛けたほうが施工しやすいので・・・大工さんは苦戦しそうだなァ・・・頑張ってもらわねば!


  
Posted by kakehi_k at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月07日

ディティール検討中

IMG_6036只今必死でディティール検討中。
現場が頑張ると、建築士は現場の勢いが止まらないように検討課題をどんどん解決していかなくてはなりません。

次回打ち合わせまでに、確認事項もまとめておかなくては!!  
Posted by kakehi_k at 16:48Comments(0)TrackBack(0)

2013年08月23日

中難易度

IMG_5837う〜む。やっぱり。

図面をみて設計者の意図を考える現場監督は非常にありがたいのですが、
そうでない場合は日々戦いです。

プレカット図をチェックして気づいた点をチェックバック。
電話でも念押しして確認したのですが・・・直ってない。ガクリ。
これはフォローが難しい。


  
Posted by kakehi_k at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月17日

理解努力

二重土台を使いたいと、工務店からは「実績がある方法だからこの方法で進めたい」との打診があった。
認めるための根拠になる資料提出してくれればその方法で良いと返事をしたが、しばらくして「根拠はない」と返事。
結局、構造計算で安全を確認したらその方法でも良いと伝えたところ、
「構造計算?この前は使って良いって言ったじゃないか!」とご立腹の様子・・・。

・・・余所の現場では、安全確認しないで建てちゃったの?
それを、実績と呼んでいいのだろうか?

現場監督が違うと、ここまで現場に対する理解努力が違うのかな・・・っと少々心配になってきました。  
Posted by kakehi_k at 09:46Comments(0)TrackBack(0)

2013年07月09日

配筋検査

IMG_5121本日は配筋検査。
外周のかぶり厚さや継ぎ手のチェックです。

継手のチェックは、鉄筋径の40倍の長さを重ねる「重ね継手」で、鉄筋が組まれた升目を目安に足り無さそうなところにメジャーを当ててみます。

異形棒鋼の13个鮖藩僂靴討い襪里派要な重ねは520舒幣紂
5〜10个らい足りない箇所が数か所あったので是正を指示しておきましたが・・・この炎天下の作業。鉄筋工の方はショックを隠しきれない様子でしたがすぐに是正作業に。

頑張ってください!!  
Posted by kakehi_k at 22:50Comments(0)TrackBack(0)