2016年11月13日

講演無事終了。

IMG_9699伝統的建築物が残る有松の街並み。
建物を守るお手伝いも僕の仕事ですが、そこに暮らす人がいて初めて建物が活きます。
今回の勉強会で少しでも町の皆さんの意識の+になれば大成功。

(多分・・・)無事に勉強会の講演を終えることが出来てようやくほっとしました。
明日のジョーのラスト並みに真っ白に燃えつきました。笑
  
Posted by kakehi_k at 18:30Comments(0)TrackBack(0)

2016年11月11日

特訓開始!

IMG_9674今度の日曜日は有松で防災についての講演会講師を務めます。
ギリギリになりましたが、当日の配布資料を名古屋市の耐震化支援室に送ったところ、当日の参加希望者が100人を越えましたと返信が・・・え、100人!?

本番は日曜日ですが緊張してきました!

昨日から娘と初めた予行演習。
少しでもスムーズに話が出来るように特訓開始です!!
  
Posted by kakehi_k at 11:07Comments(0)TrackBack(0)

2016年10月01日

今日から10月

161002 (1)耐震診断の報告書を届けるため日程調整。
皆さん「今日なら自宅にいます。」とのお返事だったので、慌ててお届けに伺いました。

さあ、今日から10月。我が家も衣替えしなくては!!  
Posted by kakehi_k at 23:34Comments(0)TrackBack(0)

2016年09月30日

何とか通過!

160923 (8)名古屋市の無料耐震診断。
診断員として中村区の個人住宅の診断をしました。
建築防災センターのwee2012というソフトを使って診断。報告書を作成。
選択項目が多いので何度見ても見落としがあって苦戦しましが、
報告書のチェックを受けて何とか通過!

帰り道にあったビル。
鉄骨造のALC専用でリフォーム用の目地レスの塗装の様ですが、やっぱり目地は割れるよなぁ・・・
仕上がりは綺麗でも、経年劣化で見栄えの悪化は著しいです。
ちなみに塗装の性能は落ちてないので、見栄えの悪化は補償対象外。
気の毒だなぁ・・・と思いつつビルの前を通過。  
Posted by kakehi_k at 23:31Comments(0)TrackBack(0)

2014年11月21日

なまずさしぼう

IMG_4328早くも来週末は講演会。
講演内容を充実させなければならないところですが、小物が充実していきます。
・・・現実逃避!?笑

さて、防災にちなんだ「なまず指し棒」の活躍はいかに!

・・・改造してみたところ、かなりヘッドヘビーな指棒になりました。笑  
Posted by kakehi_k at 23:46Comments(0)TrackBack(0)

2014年10月22日

紙ぶるる、大地に立つ!

IMG_376211月の終わりに、講演会で限界耐力計算による耐震補強の紹介してほしいという依頼を頂き、打合せで「子どもにもわかるように説明できると良いですよね!」と気持ちを伝えたのは良かったのですが・・・子どもにもわかるようにというのは想像以上に難しい!!

自分の力では限界が見えているので、『紙ぶるる』の力を借りようと思います。
(詳細はこちら↓)
http://www.sharaku.nuac.nagoya-u.ac.jp/laboFT/bururu/

通常版のA4→A3に拡大した『ジャイアント紙ぶるる』。
大活躍に期待です!!

ちなみに今日のタイトルは、少しガンダムを意識してみました・・・すでに現実逃避モード!?笑  
Posted by kakehi_k at 10:13Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月13日

ザ・金属探知機!

IMG_3683耐震診断員として調査に出かけ、家の基礎にクラックと呼ばれる亀裂を見つけた時に『果たして鉄筋が入っているのか・・・』と、いつも診断で迷います。

お値打ちな金属探知機を見つけたので購入してみましたが・・・ちとデカい!
しかも現場で使ったら迷探偵っぽい!

ちなみに、思ったより感度が良くてうまく使えばかなり役立ちそうです。
・・・あとは人前で使う勇気だな!笑
(「のびびびびぃ〜ん 」と取り出すか。)  
Posted by kakehi_k at 09:53Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月22日

やっぱり建築士です。

IMG_0016むむむ・・・これはいかに。
どこかの工務店に薦められて取り付けた耐震補強装置らしいのですが・・・取り付ける場所に問題が・・・

今まであまり深くは考えていませんでしたが、やっぱり耐震補強は建築士にご相談ください。  
Posted by kakehi_k at 01:06Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月21日

耐震診断に来たものの・・・

名古屋市の耐震診断員として、診断に伺ってみると・・・

ようやく先週リフォームが終ったけど、大変だったのでしばらくは工事はしない。とのこと。

え〜・・・せっかくリフォームするなら耐震補強工事と一緒にすれば良いのになぁ・・・
いつも診断結果と、最低限はこのくらい補強をしたほうが良いですよと助言するのですが、せっかくリフォームした部屋を補強のためまた壊す提案もしにくい。

さーてどうしたものか。今回もまたまた手強い戦いです!  
Posted by kakehi_k at 11:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年04月18日

「ステキ!」な古民家

IMG_0065さて、そろそろ行かなくては!
今朝は名古屋市の耐震診断員の仕事で現地調査です。

・・・伺ってみると、「ステキ!」な古民家。

仕事をしていますが、趣味の目線になってしまいがちです。笑  
Posted by kakehi_k at 10:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月23日

難しい!!

IMG_0005今日はお正月に間取りを調べることが出来なかったお宅に再調査に伺いました。
・・・家が広いと時間も掛かります。

今日は、先日見れなかった2階へ!!
道路からは見えなかった、屋根の組み方も上から見れば一目瞭然。
何とか必要最低限の調査が完了。

うーむ。
現地調査をしながら、どんな補強が出来るのかなんとなくイメージしてみるものの・・・難しい!!
知恵の引き出しの増設が急務です。苦笑
  
Posted by kakehi_k at 15:13Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月21日

火打ち有り!

IMG_0011最近多いのが『私の家は地震が来ても大丈夫かしら?』という調査の依頼。
とはいえ、答えは何が大丈夫かによって違ってきます。
大きな地震がきて「倒壊の可能性が低い」のと「無傷で残る」のはまるで違います。
「無傷で残る」なんて有得ないのですが、TVや新聞の耐震リフォームの広告をみると、そう誤解するような宣伝文句で不安を煽っているだけのようにも見えます。

その辺りの説明も専門的になりがちで分かりにくいのですが、ある程度理解してもらってようやく設計スタートです。

今日は現地調査。
本当はもっと時間を掛けて調べないといけないのですが、時間の都合で必要なことに絞って調査。
短時間でも天井裏のチェック!火打ち有り・・・
大きな方針を立てて、自分なりの補強計画を検討です。  
Posted by kakehi_k at 09:04Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月20日

報告書の審査、無事終了!!

IMG_0003今日は名古屋市の無料耐震診断の報告書のチェックを受けに来ました。

最近、精密診断気遼椶鮗蠅貌れて勉強した成果も反映してみましたが・・・無料耐震診断で使用する一般診断法では使ってはいけない壁を計算に入れていたので・・・修正です。
修正完了!審査も終了!!

それにしても耐震診断は難しい!!
なかなか思ったようにはいかないものです。苦笑  
Posted by kakehi_k at 14:57Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月02日

新春耐震診断!

IMG_0041さて、いよいよ平成24年!今年も頑張らねば!!

・・・と、気合十分で依頼のあったお家に到着。
早速超難題に遭遇!!

市町村が行う、無料耐震診断は「一般耐震診断法」という簡易な方法で、
古い木造住宅の場合は、すっと難易度の高い「精密診断法供廚膿巴任靴覆てはなりません。
まずは、十分な調査を行うことが条件になります。
そして何といってもその診断法を勉強をきちんとしなければ!!

初夢で今年の運勢を占う前に、初仕事で早速今年の課題が一つ出来ました。
今年も頑張らなくちゃ!です。  
Posted by kakehi_k at 20:55Comments(0)TrackBack(0)

2011年10月18日

激写!

IMG_0072耐震補強計画のため実測調査を行い、只今その聖書中・・・なのですが、実測前にざっくり画いた平面図の精度がいまいち。
今日はいままで清書した図面の確認も兼ねて、現地調査です。

今日の日のために広角レンズ搭載のデジカメを新調!
各部屋を激写です!!  
Posted by kakehi_k at 17:44Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月30日

新コンベックス!

P9300076一般耐震診断も何とかできるようになり、土壁の木造住宅も耐震補強の方法を提案する機会も増えました。

今日は予備調査として、あるお宅にお邪魔して、預かった図面が正しいかをチェック!
あれれ・・・、今まで使っていたコンベックス(メジャー)が、引っ掛かって上手く巻き戻らない・・・?
よくみると、一昨年踏んづけて傷つけてしまった箇所が裂けていました。

昨日、建築士として出来ることを頑張らなくちゃ!と決意を書いた矢先に、自分の道具のアクシデント。
せっかくお施主さんに貰った時間を有効に使えなかった・・・・うーん。
自分の道具がきちんと管理が出来ていないことに深く反省です。

かれこれ13年使ったコンベックスは引退。
今日から新しいコンベックスです。  
Posted by kakehi_k at 11:00Comments(0)TrackBack(0)

2011年09月27日

旧有松郵便局

95名古屋023先日の古民家実測データを清書・・・こういう時に、CADは不向きだと思い知ります。
正確に作図できすぎるために、ごまかしが利かない・・・くくく・・・。

これは、また機会を作って実測に行く必要があるなぁ・・・

さて、写真は自分の有松の資料を眺めていて見つけた、平成はじめの旧有松郵便局。
建替えられてしまって失われた建物。

建築の文化をきちんと守っていくためには、今回のような耐震計画をきちんとできることはとても重要。
この仕事を完遂せねば!!頑張ります!

  
Posted by kakehi_k at 09:15Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月18日

今日は耐震診断書審査会・・・

P8180008机に向かって仕事をしていると、あっちのほうで長男が「体操教室に行ってくるねー!」と、おばあちゃんと話している声・・・

えっ?今日は金曜日だっけ?金曜は耐震診断書の審査会だ!!

・・・と、間違いに気づかず炎天下に、自転車を飛ばして行って来ました!
・・・良い運動をした・・ことにしておこう。そうしよう。


いつもは金曜日の体操教室ですが、金曜日が出校日だったので、今週は木曜日になったようです。  
Posted by kakehi_k at 13:47Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月13日

提案の基準

P8120012震災以降、自宅の耐震性について相談を受ける機会が増えた。
今日もその相談を受けてお宅訪問。

・・・と、それは悪いことではない。
しかし、自治体が使用している建防協の耐震診断ソフトで耐震計画を立てると、なんとまあ大掛かりな補強が必要になることか・・・。
工事を請け負うのであれば、工事範囲が広くなれば工事費も大きくなるので、是非耐震!!と勧めたいところだろうが、お施主さんからそんなに余裕のある人ばかりではないから、お金の負担をもっと小さくする方法を考えないと結局金銭的に補強出来ないということになる。
また、補強をしても一般的に壁を増やして地震に強くする方法では、必要とされる壁量を増やすと、今度はとても暮らし難い家になってしまいがち。

そこで、最近「安全」とされている昭和56年の新耐震基準まで補強するのはどうだろうと思っている。
最低限の補強と、耐力壁のバランスを向上させてコストを抑える。
ちょっと構造家に相談しておこう・・・。


  
Posted by kakehi_k at 01:29Comments(0)TrackBack(0)

2011年08月03日

信頼関係・・・

P8040001耐震診断員になろう!と決めたのは、数年前のこと。
土壁の木造住宅を「古いから、地震が来たらもう駄目だ・・・」と壊すことにした人に、「名古屋市の無料耐震診断で もう駄目だと言われた。」と言うのを聞いたから。
名古屋市という公共機関が実施しているため、僕が助言しても聞き入れてはもらえなかった。
なので、発言するためには、まずはその耐震診断の資格を持つことが必要だと思った。


時は流れて、今回ご近所で同様に家を直したいという相談。
はいはいご近所の方なので協力させてもらいましょう!!と、名古屋市から補助金を貰って耐震工事を行うためには1000万円以上の工事になってしまいますよと伝えたところ怪訝そうな顔に・・・

しばらくして、ここには400万円って書いてある。と、名古屋市の診断書が出てきた。
・・・見てみると、耐震壁の補強工事が400万円くらいと書かれていて、その金額で工事が出来ると思っていたらしい。
そこに書かれている基礎は1mにつき8万円・・・基礎が60mあるので約500万円。
その他に瓦を金属屋根に葺き変えると・・・診断書の内容を説明してようやく納得してくれた様子。

今までの仕事の殆どが、知人からの紹介なので最初からお互いに信頼しあって話が出来たけど、今回のようにご近所とはいえ面識の無い人からは物凄く疑ってかかられるんだなぁ・・・とビックリした。
もっと『信頼される人間』にならないといけないなあ・・・一つ一つ、きちんとした仕事を積み重ねるしかない。改めてそう思った出来事だった。  
Posted by kakehi_k at 23:45Comments(0)TrackBack(0)