2016年04月20日

今日は急展開!

160420 (19)ミニ・デイサービスは今年度から始まる新しい制度で、建築に関わる申請のお手伝いをすることになりました。

現在老健施設の既設建物をそのまま使うだけなので、打合せはさらりと終わるであろう・・・という予想は全くもって裏切られ、今週中に消防署の確認が必要などの急展開!

さて、ちょうど消防署では梯子車での練習中。
テレビで放送される、被災地のレスキューや自衛隊の救助の様子。
こうした毎日の訓練を重ねてないと出来ないんだよなぁ・・・遠くから、救助の方々に応援と感謝です。
それぞれみんなが毎日を大事に頑張らないといけないですね・・・特に自分自身、展示に向けて頑張ります。

ちなみに今日の急展開のおかげで、申請準備は一気に片付きそうです。  
Posted by kakehi_k at 20:32Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月13日

完了検査不合格

大協建設に依頼されて図面の手伝いをした住宅の工事。
工事はどうなっているのかと思っていたが、完了検査は通らなかったそうだ。

お隣とお互いの軒が重なるような古い住宅を壊して、新築したのだがお隣の軒と新築した建物の軒が重なっていたそうだ。

確認申請のみの手伝いという話が、約束以上に分担図面を押し付けられ、現場監理は大協建設が行ったのだが、設計の責任だと未だに設計料の支払いが無い。
設計内容を決めた重役は自分の責任を全部僕に押し付けて知らん顔らしい。

設計事務所の看板を掲げている工務店でも、実際は仕事が取れるように資格を持っているだけで実際に機能していないところが多い。
設計と工事では収益に雲泥の差があるので、わざわざ専門で設計者を置いて赤字経営したくないからだ。
今まで、設計の実務を殆どこなしてこなかったので、致命的な不注意だと思う。
本当に良心的な工務店を見つけないと、工事金額は設計料の何十倍も大きいのでその後が本当に大変だと身に染みる思いでいっぱい。  
Posted by kakehi_k at 15:16Comments(0)TrackBack(0)

2013年10月11日

びっくり発言

IMG_0003工務店から設計を頼まれ、施主との打ち合わせに同席。
打ち合わせが終わり、工務店の社長が車で送ってくれることになった。
打ち合わせはちょうど予算の最後の詰めの話だった。

車に乗り込むと、社長の口からは
「予算は○○○○万までって言ってたけど、まだ出せるじゃん!もっと出させなくちゃ・・・」

おいおい、それでは工事後に家具を買ったり、建て替えの間の家賃や引っ越し費用を圧迫するだろう・・・と、思い少しそれは無理だと社長に進言した。

ちょっとがっかりだったのは、わざわざ壊さなくてもよさそうな家なのに建て替えを奨め、必要以上に大きな家を提案し、お金を取れるだけ取ろうという商売優先の工務店の姿勢がわかったこと。

工務店からの依頼で、あくまで僕のクライアントは工務店なので、下手にお施主さんに助言も出来ないし・・・なんだか、とても悔しい思いでいっぱいになった。
いずれにしても僕はこの工務店と仕事をすることは二度とないだろうけど、お客さんは住み続けなくてはならない・・・  
Posted by kakehi_k at 15:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月27日

あーらら。。。

GEDC0045個人的には全く建て替えの必要が無かった家なのですが。。。工務店主導だと利益目的に本当にむちゃくちゃな計画になるなぁと本当に腹立たしく思いました。

せめて最初に提案していた木造にしておけばもう少しプロポーションも整えることが出来たのに、必要もないのに途中から鉄骨造にしてしまったので融通が全く利かなかったし・・・

工務店としては同じ住宅でも鉄骨造にすれば住宅の値段を上げることが出来るので、お金の出せるお施主さんを丸め込んでシメシメと思うのかもしれません。
設計料についても無茶苦茶値切ってきた&いまだに支払いの意思も示さずで。。。強く要求しないとシメシメと思って踏み倒すつもりじゃないかと心配です。

やはり信頼できる建築士に依頼して、その次に信頼できる工務店を探すというフローが定着しないとこうした悲劇が起こるんだなぁ・・・と、痛感する出来事でした。  
Posted by kakehi_k at 01:48Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月20日

上行ボタン

130924 (18)設計の仕事は長丁場なので、毎月給料をもらうビジネスマンとは違って、仕事の区切りがつかないと資金が底を尽きかけることも多々あります。

・・・・今回大ピンチを迎えているのは、
知人の工務店の依頼で、図面を画く手伝いをしたところ、
通常の1/3程度の設計料に値切った上に、工務店のミスで完了検査が通らなかったことを
設計のミスだとして図面作製費が未だに支払われていないこと。

工務店の会長の設計で、言われたように図面を画いてるのに、責任?

どうにか上行ボタンを押して、この状態を脱出せねば!!  
Posted by kakehi_k at 09:24Comments(0)TrackBack(0)

2013年09月19日

コリゴリ

IMG_0003昨年手伝った住宅の建て替え工事・・・いまだに設計料の支払いが無いので、この工務店とは2度と付き合わないこと確定です。

木造で建てれば良いのに鉄骨造で推し進め・・・木造を無理やり鉄骨造にしたので、架構が複雑で地震に強いとは思えない。
普通に木造にしたほうがコストもずっと抑えることが出来たので、間違いなくお施主さんのためになったでしょう。

こういう家づくりに係るのは本当にコリゴリだと思いました。  
Posted by kakehi_k at 15:06Comments(0)TrackBack(0)

2012年10月14日

葛藤

IMG_0805友人の工務店に図面の手伝いを頼まれたのでお手伝い・・・このお宅を建替えなくちゃならないのかなぁ・・・と、なかなか「歴まちびと」としての自分の思いを表に出せないのが歯がゆい。
せめて、少しでも暮らし易い家になるように微調整です。

こういう葛藤をみんな持ちながら仕事をしているのかな?それとも、割り切って仕事をするものなのだろうか・・・

いろんな気持ちが心の中でざわめく帰り道です。  
Posted by kakehi_k at 17:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年07月23日

今日の大実験!?

IMG_0013自宅をリフォームして、ちいさなヘアサロンをかいせつしたいというリクエスト!
先日からイメージを伺い、イメージ作りの真っ最中です。

ヘアサロンの設計ははじめてで、中でも床材の選択はなかなかの難題。

髪を染める薬品が床に落ちて気付かずにいると床材が変色するそうなので、今日は『大実験!?』

果たして結果はいかに!!  
Posted by kakehi_k at 00:30Comments(0)TrackBack(0)

2012年06月06日

元気リンリン

IMG_0005さて、今日は知人の工務店からの依頼で、計画をするための下調査・・・こ、これは!すばらしい建物ジャン!!

すばらしい建物は「僕」を元気にします!

元気出てきた!工事の荒波もどんと来いです!!  
Posted by kakehi_k at 08:54Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月18日

四日市へ

IMG_0001今日は見積もりの現地説明のため四日市へ!
(交通の便が良いので、名古屋市内の移動よりも楽ちんかも!)

ただし、職人さんたちの移動手段は自動車なので、距離は敵になりかねません。

こういう時は、しっかりとした現場監督が工事チームの司令塔として動けないと小さなミスが大きな失敗に繋がりかねません。
信頼して選んだ工務店。そして依頼した見積もり。頑張ってもらわねば!です。  
Posted by kakehi_k at 21:44Comments(0)TrackBack(0)

2012年01月18日

STUDIOはむずかしい。

音楽練習用のスタジオ。
以前、日本設計で知立市市民ホールの設計チームに居たので概要は理解していましたが、住宅のリフォームで同等の性能を確保するのは、ちょっと非現実的。
資料を見ながら、作り方を考えます。

簡単に言うと、部屋の中に遮音効果のある材料で部屋をつくるので一部屋のリフォームで普通の部屋の何倍もの費用が・・・
そこを、予算を考えながら最善の方法を考えるのが難しい!!でも楽しい。  
Posted by kakehi_k at 09:29Comments(0)TrackBack(0)

2011年05月20日

広がる景色

P5190019現場から帰る途中、お施主さんからの不在着信に気づいたのでちょっと寄っていくことに・・・
天気が良いと、少し寄り道して帰りたくなるので、ちょうど良いタイミングで用事ができました。

進む道からはとても気持ちよい景色の広がります。  
Posted by kakehi_k at 01:05Comments(0)TrackBack(0)

2010年09月03日

自問自答

P9030056色々な相談を受けてまず考えることは、お施主さんにどうやって無駄な費用を使わせなくて良いようにするかということ。

設計の場合も僕自身で出来る範疇であればコストを押さえることが出来ますが、鉄骨造など構造計算書が必要な場合は構造計算事務所の協力が必要になります。
既存不適格調書を作成するには既設の調査からはじめる必要があり、構造事務所に依頼することになるので、調査だけでなく今後の工事にも柔軟に対応できる体制作りまで考える必要があります。

建築がお施主さんの資産運用の方法の一つであることを考えれば当然のことなのですが、沢山の選択肢の中で最良の選択をする。
そのためにはまず自分自身で何度も何度も自問自答を繰り返します。

電車の中で「うーん」と、うなってしまったり・・・。只今考え中です。(笑)  
Posted by kakehi_k at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2010年08月31日

要既存不適格調書

P8310035道路拡幅工事に伴ない、既存の建物を曳き屋したいという相談。
いろいろな法規制について整理しながら検討を進めていく必要があります。
今日は窓口の西濃建築事務所を訪ね大垣へ!

今回の敷地では複数の建物があること。
スチール物置やカーポートなど申請不要の規模(防火地域外では10?まで)での増築があること。
申請時から間取りの変更など多数あること。

これらを整理しなおし各棟ごとに、建設当時の基準法上の強度や仕様が満たされていることなどを調べ既存不適格調書を作成しなくてはならないそうです。

ふふふ・・・やはり、これから道を作るだけあって、建物を曳き屋するにもその道のりは平坦では無いようです。
覚悟して前進!です。  
Posted by kakehi_k at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月14日

自分で住みたい!

f2270028.JPG倉庫を改造して賃貸住居にできないかなあ・・というお施主さんからの相談を受け、今日はようやく準備できた簡単な提案書と模型を持って打ち合わせに伺いました。

提案書で改造後のイメージを説明しつつ、模型を見てもらうと・・・
「なるほどね・」・・と少し間が・・

ドキドキしましたが、
「人に貸すより、自分で住みたくなっちゃった。」とのコメント。

とても嬉しいコメントです。
自分で良いと思えるから、自身を持って人に貸すことが出来る!
この倉庫が賃貸用に、収支や流行で作り変えられるのではなく、良いものにしたい!という方向が定まってとても嬉しかった。  
Posted by kakehi_k at 21:24Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月06日

空間の華

bdc8af3e.jpgこの倉庫を若い夫婦向けの賃貸住宅にしたいんだけど・・・という相談を受け、どんなことが出来るかをスタディー中です。

居住性はもちろん重要だけど、この場所を見た人がここを借りたい!と思うような空間に華が欲しい。

・・・そこが、とっても難題です。うーん頭がオーバーヒートしてきたぞ!!
  
Posted by kakehi_k at 02:37Comments(1)TrackBack(0)

2007年10月04日

来ない返事

f863a5ec.JPGどんな相手でも義を欠いてはいけないとK君にクリニックが開院する連絡があったことをメールした・・・が、やっぱり返事は何もない。

何度も「社会人にはビジネスマナーが必要だから、1冊マニュアル本を読みな。」と言っけれど、読んでくれただろうか・・・。

今になって思うのは、どんな仕事でもやっぱり下積みが必要ということ。
例えどんなに優秀な学生でも、いきなり社会人にはなれない。
そのことに気付いてくれたかな、それとも今でも学生気分のままなのだろうか・・・

花を咲かすには、きちんと根を張って、雨にも風にも負けない基礎をつくる必要がある。
風に揺れる花がそのことを教えてくれている。
今でも僕の気持ちがK君に少しでも伝わるとよいなぁと思いつつ・・・・。  
Posted by kakehi_k at 23:49Comments(3)TrackBack(0)

2007年09月26日

あったかいクリニック その後

ずーっと、どうなったのかなあ・・・と気になっていたけれどドクターから案内の葉書が届き9/30にクリニックの内覧会を行うとのこと・・・。

僕の力不足でドクターをはじめ多くの方に迷惑をかけてしまったけれど、ドクターの夢が実現して本当に良かった!!  
Posted by kakehi_k at 22:57Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月05日

車窓の風景

b1723da6.JPG久しぶりにここまで来たなあ・・・
去年1月まで何度も通って見ている風景のはずだけど、今日はそのときとは違う印象。クリニックの仕事は僕にとってK君の仕事振りにモンモンとした先行き不透明感を抱きながらの仕事だったのでこの風景も曇って見えていたように思う。

チームとして仕事に取り組む以上は運命共同体!
K君の能力を少しでも伸ばすように・・・それが出来なくて信頼できないまま任せたことで稚猥な提案書しか提出できない状況にモンモンしていたのかな・・・K君が獲得してきた仕事とはいえ、ドクターには迷惑をかける結果に終わったなあ・・

電車に乗りながら、気持ちが違うとこんなに風景って違って見えるんだなあ・・・と改めて思った。

天気がよかったので、沿線の幼稚園ではお散歩に出かけるのだろう。電車に向かって元気に手を振る子供達に何組も出会った。

失敗の反省と、次の出発へ!子供達に手を振り返えしながら・・・・
(手を振ってたので子供達の写真は撮れませんでした!)  
Posted by kakehi_k at 23:55Comments(0)TrackBack(0)

2007年05月10日

しまっておこう!

時々登場するK君。未熟者ゆえいろいろ誤解されてるようですが、きっと成長するだろうと思って実はかなり期待してました。やはり何事も経験してみるのが大切。そして成功すれば自信になるはず!なのでなるべく成功に導けるように仕事を頼みます。

僕自身失敗した経験がたくさんあって、経験談を交えてここはこんな風にしたらいけないよとか、ここはこうだから注意して・・・などなど転ばぬ先の杖を伝授します。
「そうですね」「わかりました」と返事はバッチリなのですが・・・何故?

特に驚いたのはトイレへのこだわり。・・・広い・・・いくらなんでも広すぎるんじゃ・・・で、トイレのドアを開けると、そこはギャラリーーーー・・・。

絵や陶器を飾るギャラリーに面してトイレを提案してくるのですが、知らない人がたくさんいるところで、女性は恥ずかしくてトイレに入れないと思わないのかな・・・?ギャラリーにあるドアを開けると便器が見えるし・・・。
「これってどうなの?」と訊ねると決まって答えは「僕的には問題ありません。」

本当はまっすぐに彼が成長できるように手引きしたい。
その一身で彼に接してきましたが・・・信頼できない相手に仕事を頼むのは、とっても勇気が要ります。何時になったら僕を安心させてくれるのか・・・・そしてこのプランもお施主さんに見せるのはとても無理です。このプランも僕の胸の中にしまっておきます。それしかない!  
Posted by kakehi_k at 01:27Comments(5)TrackBack(0)