2018年02月15日

構造見学会!開催

3_3_4KAISAI13_3_4KAISAI2監修のお手伝いをしているモデルハウスの構造見学会が開催されることになりました。
僕も4日は現地でご案内のお手伝いの予定です。

断熱材の施工とサッシの取り付けまで出来る予定なので、これからの高断熱高気密住宅が目で見てわかると思います。
僕も最近になってようやくわかりましたが、一般的な高気密高断熱では見えないところで結露していることが意外に知られていないので、どうしたらよいかも良くわかります。

マニアックな見学会なので、果たしてどうなりますことやら・・・。笑
  
Posted by kakehi_k at 02:14Comments(0)

2018年02月09日

外断熱にトライ。

180209 (21)上棟。
デザイン監修中のモデルハウスがいよいよ上棟です。

外断熱の木造住宅はこのモデルハウスがはじめてで、理屈がきちんと分ったうえで施工しないと外断熱の性能が発揮できません。
きちんと細かい部分まで工事できる外断熱の知識と技術をもった工務店とタッグを組まないと出来ないと考えていたので、満を持してのトライです。

完成したら宿泊体験させてもらえるそうなので・・・帰りたくなくなりそうで怖い!
  
Posted by kakehi_k at 22:57Comments(0)

2018年02月01日

レッドカーペット。

180201 (2)いよいよ引渡し。
現場に到着すると、工務店の計らいでお施主さんのためにレッドカーペットが用意されていました。

滞っていた開発申請の途中で割って入ってしまったので、最初にきちんとシナリオを用意出来なかったことで想像以上に苦戦しましたが、無事にこの日を迎えることが出来て本当に良かったです。

さあ、この一歩が新しい生活への第一歩です!
  
Posted by kakehi_k at 23:00Comments(0)

2018年01月29日

完了検査無事終了!

180129 (8)完了検査は無事に終了。

1階は集成材による木骨ラーメンでその上に木造2階建が載るという3階建てなのですが、1階の木骨ラーメンについていろいろ質問があり、構造設計に電話口で説明してもらいました。
いろいろ質問された内容については構造計算書を審査して許可を出した確認審査機関として、少し予習して来ても良いのでは・・・と、思うところもありましたが、無事に検査が終わったので何よりです。

来月初めには引き渡し。
長かったような、あっという間のような、嬉しいけれど少し寂しいような。  
Posted by kakehi_k at 23:18Comments(0)

2018年01月25日

いよいよ完了検査

180125 (95)長かった計画ももうじきフィナーレ。
そして来週はいよいよ完了検査。
何事もなく終わりますように。。  
Posted by kakehi_k at 21:13Comments(0)

GO TO 大垣。

180125 (54)打合せに大垣へ・・・
これはなかなか大変そう。  
Posted by kakehi_k at 11:57Comments(0)

2018年01月22日

完了検査へ!

IMG_0264完了検査の申し込みに栄に!
確認申請の時は、住所の「ケ(大)」と「ヶ(小)」が保険所や免許書、公図でどちらの表記も使われていて気付かずに両方使てしまったために整合性がとれていないと厳しく指導を受けたので少々ビビりながらの提出でした。

今回は反省の甲斐あってスムーズに受け付けてもらえたので、後は検査を乗り切るのみ!
もうひと頑張りです!  
Posted by kakehi_k at 10:35Comments(0)

2018年01月19日

あと一息!!

180118 (24)週末はいよいよクリーニング。
今回の現場は開発申請の途中で申請業務を引き継いだので、その部分が引き起こしたトラブルが続きましたが、完成が近づきようやくゴールが見えてきました。
あと一息ですが、油断なく最後まで頑張ります!!  
Posted by kakehi_k at 22:08Comments(0)

2018年01月18日

高断熱!

170118 (45)建物は断熱性能を高めると、気密性能を上げないと壁の中で結露を起こします。
構造体が鉄骨だと、木造ほど気密を上げることが出来ないらしいけれど・・・理由は何だっけ?
チャンと確認しておかなくては。

さて写真は基礎の断熱材。
これだけハイグレードの断熱は今回初体験なので、現場の進捗が楽しみです。  
Posted by kakehi_k at 21:57Comments(0)

2018年01月16日

またまたあいつがやって来た!

180111 (15)やられました。
セメントが固まりかける時に発生する何かがあるらしく・・・ちょうど足跡が残るくらいになったころ猫が歩きました。苦笑

「可愛い」と捉えるか、「許せない」と捉えるかはお施主さん次第です。笑
  
Posted by kakehi_k at 22:02Comments(0)

2018年01月11日

ばらがんルーム

180111 (9)自分からお施主さんに提案するにはかなり勇気がいるカラースキームですが、バラガンっぽくて良い感じ。  
Posted by kakehi_k at 16:40Comments(0)

2017年12月27日

足場が外れる。

171227 (4)いよいよ足場が外されました。

別の建築士がやって来た開発許可の手続きを途中で引き継ぐことになり、お施主さんも僕も思った以上に大変でしたが、いよいよここまで来たんだなぁ・・・。

もうひと頑張り!  
Posted by kakehi_k at 22:54Comments(0)

2017年12月21日

ラストスパート!

171221 (2)着々と現場は進み、外壁工事がほぼ完了。
来週には足場が外される予定です。
来月末の竣工目指してラストスパートです!  
Posted by kakehi_k at 22:37Comments(0)

2017年12月04日

3階建てとイメージ

171204 (14)建物の周りは田んぼと、建っている建物は殆ど2階建て。。。3階建ての眺望はかなり凄い!
そして現場を囲う養生シートの向こう側に、ぼんやりと2劼らい向こうの新幹線の高架が見えるので、夜になると光の矢みたいに新幹線が駆け抜けるんだろうなぁ・・・
でも、台風が来たら風当たりが強くてちょっと怖いだろうなぁ・・・

まだ、完成してないのに何故か生活のシーンをいろいろイメージをしている自分がいます。笑
  
Posted by kakehi_k at 18:48Comments(0)

2017年11月27日

陽射しok!

171127 (10)敷地に合わせて少し東に振った配置だったので、どのくらい陽射しが入るか心配でしたが、思った以上に入っていたので一安心。

最近は目線を気にして窓を小さくしたいという方が増えたように思いますが、冬になると大き目の窓の有難さが分ります。笑  
Posted by kakehi_k at 15:30Comments(0)

2017年11月20日

ブレース設置!

171120 (4)今回の現場では1方向の木質ラーメンで、もう1方向には鉄筋ブレースにしてコストを抑えています。

こうして写真で見てると、当たり前のようについていますが、現場で作業する職人さんたちには当たり前ではありません。
とっても苦労してようやく設置出来た奇跡のブレースです。笑

集成材は体積で値段が決まるので、なるべく体積を抑えようとするのですが、取り付ける金物がゴツいので、ジョイント部分ではミリ単位の精度が要求されます。
工場で加工する時は機械でかなりの精度まで加工出来ますが、現場での施工はそうはいきません。

大変な思いをいろいろしてもらっているので、大工さん・・・現場完成したら感動して泣いちゃうかも!と思います。  
Posted by kakehi_k at 18:02Comments(0)

2017年11月09日

木骨フレーム

171109 (16)木骨ってなんだろう・・・と、思う方も多いと思いますので、改めて解説します。
木造住宅では木材と木材のジョイント部分はピンといって、動くことを前提に作ります。
それに比べて鉄やコンクリートの場合は強固に固定できる剛接合というジョイントを作ることが出来ます。

今回採用した木骨はジョイント部分を特殊な金物と接着剤で固定して、木を使っているのに剛接合が作れる構法です。

最近では事例も増えてきていますが、愛知・岐阜ではあまり事例が無いので見た目以上にハイテクハウスになってます。

普通の工務店だと、経験がない工法には消極的ですが、KSKさんは積極的にチャレンジしてくれました・・・。
(現場監督と職人さんはかなり大変そうでしたが・・・)
着々と現場は進行中。新春早々の完成を目指して頑張ってくれています!  
Posted by kakehi_k at 14:31Comments(0)

2017年11月02日

見晴らし最高

IMG_8586どうしても目隠しの袖壁が欲しいというリクエストで、陽射しをどのくらい遮るか少し心配でしたが思ったよりも陽射しが入り少しホッとしました。
3階に登ってみると窓からの見晴らしは最高で、早速完成が待ち遠しいです!  
Posted by kakehi_k at 23:02Comments(0)

2017年10月15日

モデル民家!?

IMG_8280和風の住宅に住みたい。とのリクエストに応えるべく思案中。

洋風に対して和風という言葉が使われますが、日本の気候風土を念頭に住みやすい住まいを素直に考えていくと・・・おのずと形は決まっていくように思います。

家を建てたいと思った人は住宅展示場に行っちゃうけれど、本当はモデル民家みたいなものが用意出来ると良いのかも知れませんね。  
Posted by kakehi_k at 21:49Comments(0)

2017年10月12日

型枠職人さんの憂鬱・・・。笑

IMG_8159現場は型枠工事進行中。
通常は型枠を2枚並べてその間にコンクリートを流しこみますが、べた基礎の型枠は建物の外側の1枚だけ立てる場合が多く、1枚だけを建てるのは案外型枠大工さんが苦労するところです。

地面に固定すると雨が降ると崩れる事があるので、手直ししなくても良いように雨が降らないことを祈るばかりです。

テルテル坊主を逆さに吊るそうか・・・  
Posted by kakehi_k at 18:41Comments(0)