2005年08月18日

元止水栓

0c49a53d.JPGキャビネット隠蔽型の浄水器は元止水栓を使用しなければいけない・・・・
元止水栓をはじめて知りました。水道管⇒水栓⇒浄水器⇒蛇口と普段は浄水器に水圧を掛けないようになっているそうで、水栓から3本管が出てました。
まだまだ未熟者だ。  

Posted by kakehi_k at 23:08Comments(0)TrackBack(0)│ │ 薬師寺 

2005年08月16日

もう悩まなくていい

先日発売された 熊木徹夫さんの 「もう悩まなくていい」幻冬舎ルネッサンス がずーっと気になっていたのですが、ようやく購入!1時間半くらいで読み終えました。

メルマガで配信されている内容を少し編集してあるのですが、PCで読むより断然文章に入り込みやすいので驚きました。1ページに書き込まれている文章の量が少なめで、ページを捲るテンポがよいのかな?
患者さんの悩みという重い内容を、読みやすい工夫がされてるなあと感心しました。

このような普段語られない精神科を訪ねる患者さんの悩み相談を「公開」することで、誰にでもあり得る病気であるという認知度が高まることを期待せずにはいられません。
  

proform cutter

86dd5ebb.JPG一般的にはヒートカッターと呼ばれる発泡スチロール系の材料をニクロム線で切り出す道具。ちょっとなれてくると円柱とか2次曲線なら切り出せるようになります。
写真の青い円柱がスタイロフォーム、白い円柱は発泡スチロールです。
機会があれば挑戦してみると面白いですよ。

とてもべんりな道具で建物のプロポーションやヴォリュームを模型で確認できます。


最初に僕がこのヒートカッターを使ったのが前記の豊川建築研究所で・・・・・
「このヒートカッターは僕の先輩がアメリカから持ち帰ったものを、イズミヤに複製させたプロトタイプ5台のうちの1台なんだよ・・・」と模型を作る度に所長が自慢してました。丹下事務所の備品を内緒で持ってきちゃったようで「秘密にしておかないとね」とも。

いつも模型は打合せの前日に出来た図面を基に、徹夜で製作していました。
(おかげで今でも模型を作るスピードは相当なものらしく、模型製作の依頼も時々あります。もちろん早いだけで雑なのダメですよ。)
そこへ所長がやって来て毎回この話しが始まります。そして模型を見ながら、「僕のイメージはこんな感じのカーブなんだけどなあ・・・」確かに図面どおりにつくるとボテッとしちゃうので「こんな感じですか・・」「そうそうこんな感じ!」と夜中にやってました。
ボリュームが確認できたら「明日の打合せに差し支えるといけませんのでお休みくださいね。」と交わしながら明け方くらいにだいたい完成。
ハードだったけれど模型を作るのはとても楽しかったなあ。

  続きを読む

Posted by kakehi_k at 13:35Comments(0)TrackBack(0)│ │ 設計士の休日 

2005年08月15日

casa brutus

sya-pu今月の特集は丹下健三。世界の丹下ですものね。
僕の最初に勤めた設計事務所は豊川建築研究所という北九州にある設計事務所ですが、所長の故豊川周坪さんは丹下事務所のOBでした。
右も左もわからないまま社会に飛びだして、建築とはなにか・・・この事務所で何かをつかんだように思います。

さて今使っているシャープはこの豊川さんが就職の際にプレゼントしてくれたものと お・な・じ もの。ずーっと大切に使っていたのですが、打合せの時に「ちょっと書くもの貸して・・・」と言われて机の上に出してしまい、打合せが終わって気がつくとなくなっていました。
当日の打合せ参加者に聞いてみても、「覚えてないなあ・・」
6年も使っていたので、未だに人に貸したことを後悔してます。

もともと自分の筆記用具を人に貸すのが嫌で、僕の事務所の打合せテーブルには貸し出し用の筆記用具を置いていますが、それも気がつくと散々ばらばらどこかへ行ってしまいます。

設計事務所に手伝いに来る人間が、筆記用具も持たず手ぶらで来ることが多くて、とても悲しく思います。

  

Posted by kakehi_k at 15:53Comments(3)TrackBack(0)│ │ 大切にしたいもの 

go into hysterics

c557ef3c.JPGサンエイケンセツ サマ

ザンショオミマイモウシアゲマス
アツイヒガツヅキ、シゴトノコウリツガアガラナイカモシレマセンガ
ゲンバノセイソウオネガイシマス。

いつも返事は「わかりました。やっておきます。」
現場の清掃が行き届いていない工務店は、基本的な心配りが足りないように思います。
お施主さんの友人であるという甘えもあるのかな?
予算管理や現場の納まりなど、図面にはこうやってやるように書いてあるでしょ!
と厳しい口調でいうと、「私からお施主さんに出来ないことを説明しますから・・・」と言う返事が多い。ほかの現場では出来てるのですが、なぜ出来ないのか不思議です。

建物は、お施主さんが満足することが第1の条件。
○○工務店さんのおかげでこんなに素敵な家が!・・・と思ってもらうには、建設途中の現場にも満足してもらうべきだと思います。
なので、まず気持ち良い現場はまず清掃されているべきでしょう。
心を込めて作っている人たちの現場は、常に仕事がしやすいように清掃されていて当たり前と思っているので・・・・。

現場の清掃がされていないと、設計者として気持ち良く監理できないので、次回から掃除道具持参で現場に行きます。  

Posted by kakehi_k at 09:21Comments(0)TrackBack(0)│ │ 木ルーバーの家 

standard

デザインを職業としていて時々この人のセンスは凄い!と思うことがあります。
図面の表現でも、一つ間違うと非常に陳腐なものになるのを、センスで魅力的なものに仕上げている。こういうセンスは、生まれ持った才能でしょうね。

以前マラソンの優勝インタビューで「彼の走りは天才的で・・・・だが、僕の様な凡才でも訓練を重ねることである程度彼に近づく事が出来る!」と言う言葉をいつも思い出します。

僕は明らかに凡才なので、常に訓練をしていなければ!
一言では言い表せませんが、文字や線の位置を揃えるなどまずstandardなテクニックをしっかり身に付けていくことで、自分らしい表現方法が生まれるはずです。  

Posted by kakehi_k at 00:52Comments(0)TrackBack(0)│ │ 設計士の休日 

2005年08月14日

CADいろいろ

・・と昨日の続編。単に愚痴かも!

うーん、きれいな資料だね。・・・で、何が言いたいの?
最近のCADは写真も貼り込む事が出来るし、着色も自由自在!3Dも出来ちゃったりして、とっても素敵なツールのはずなのだが・・・

「分かりやすいように線に色を着けました!」・・・モノクロの資料にそこだけカラーなら目立つと思うけど全部がカラーだからねえ・・・やり直し!!  

Posted by kakehi_k at 23:37Comments(0)TrackBack(0)│ │ 設計士の休日 

2005年08月13日

CAD

時々新聞を眺めていて、CADで高額収入という宣伝を見かけますが・・・あり得ない!
今どき学生でもCADを普通に使うのだから、CADが使えるだけでは付加価値なしです。

・・・と本題から最初から脱線してますが、CADってなんのためにあるのでしょう?
僕の手伝いに来ているスタッフの作る書類をみるとつくづく思います。
建築は空間をイメージから現実の空間に実現していくために設計図を作ります。そのためには実際の建物をしっかりイメージできていなければなりません。
何処にドアをつけて、照明をつけて、エアコンをつけて、サインをつけて・・・自分のイメージを表現するためのCADだと思うのですが、下手にテクニックを覚えるとテクニックに走ってしまい表現するための本質を見失うように思います。
パース一つにしても、その絵を作ったことに満足してしまうのかな?
本当は、ここに何があって、どうやって使って・・・というイメージをするためのパースなのだが・・・  

Posted by kakehi_k at 00:23Comments(0)TrackBack(0)│ │ 設計士の休日 

2005年08月12日

lighting

8bb8071a.JPG今回の計画ではリビングは北側にならざるを得なかったのですが、心配なのは採光。
北側からの採光量は年間通じて安定しているので、書斎などには好まれますが今回はリビング・・・もっとも効率の良いスリットを提案しました。
予想以上にしっかりとした光量があり、落ち着いた感じのリビングになったのでホッと一息です。  

Posted by kakehi_k at 23:03Comments(0)TrackBack(0)│ │ 薬師寺 

2005年08月11日

sink

20f2f9a1.JPG特注シンク!
金属は材料費より、加工の手間で価格が大きく左右されます。
今回のシンクは、お施主さまの使い勝手でシンクのヘリに立ち上がりをつけたので、それだけで当初の予算の2倍近くなりましたが、使い勝手優先で発注しました。
  

Posted by kakehi_k at 22:54Comments(0)TrackBack(0)│ │ 薬師寺 |  薬師寺